hachi8 ニュース

暇つぶしには hachi8 ニュース!

伊藤千晃が結婚!経歴がヤバすぎるらしい旦那の恵藤憲二についても徹底調査してみた!

結婚・出産・卒業を同時に発表したAAAの伊藤千晃。そんな彼女の旦那や馴れ初めなどについてまとめてみました。

【関連記事】AAAの與真司郎と伊藤千晃が熱愛していたって本当?

伊藤千晃の旦那はどんな人?

ä¼è¤åæã夫ì ëí ì´ë¯¸ì§ ê²ìê²°ê³¼
写真:芸能人の旦那特集.com

名前は、恵藤憲二さんという方で、年齢は伊藤千晃とはひとまわり以上歳が離れているそうです。また、惠藤憲二は日本の実業家、投資家で、 投資会社であるエトーム株式会社の代表取締役だったことは業界では有名らしいです。ちなみに、十分な資本金を元に恵藤憲二さんはMARK STYLER(マークスタイラー)を展開していきます。その後、マークスタイラーは大企業に成長し実業家としていろんな業界から天才と言われています。肝心な顔ですが、浅野忠信さんっぽい顔だと言われています。スポニチなどの見出しに「AAA伊藤千晃 結婚&妊娠!浅野忠信似の40代実業家 交際半年」という見出しがあったことで浅野忠信さんっぽいと言われているようです。

 

 

旦那の年収は?

ä¼è¤åæã夫ì ëí ì´ë¯¸ì§ ê²ìê²°ê³¼
写真:newspo24.com

また、19のときにラーメン屋で働いていて、その後ラーメン店の経営に成功し、いろんな分野に進出していきました。実業家としての才能があった恵藤憲二さんは、ラーメン屋の経営をきっかけに、並行輸入や水商売の分野まで進出。その後、キャバクラ経営に参画すると、10年の間に全国100店舗の巨大キャバクラチェーンを構築し。年商300億円を超える”日本一のキャバクラ王”として君臨します。正確な年収を算出することは難しいですが、年商が数百億円レベルの事業規模。恵藤憲二さんの場合は、安く見積もったとしても、年収数億円は稼いでいるのではないでしょうか?さらに、噂によると恵藤憲二さんの現在の総資産は100億円以上とのこと。かなりの大富豪ですね。

宮迫博之が元相方だった?

ä¼è¤åæã夫ã宮迫åä¹ì ëí ì´ë¯¸ì§ ê²ìê²°ê³¼
写真:www.asagei.com

なんと衝撃的なことに、19歳のときにラーメン屋に通いながら宮迫さんと「ぴいぷる」というコンビで活動していたとの情報があります。しかし、親から「借金が1億円ある」と聞かされて芸人を辞めたそうです。現在の職業ですが、代表取締役から退き投資家として稼いでいるようです。

 

 

 

伊藤千晃との結婚

ä¼è¤åæì ëí ì´ë¯¸ì§ ê²ìê²°ê³¼
写真:beauty.oricon.co.jp

二人の出会いは、ファッションブランドでの出会いだったといわれています。自らが立ち上げた、マークスタイラーのブランドの発表会で2016年ごろ知り合い、急速に距離が近くなっていったようです。芸能界の噂とはなりますが、当初は石川涼が旦那さんと噂されていたそうで、当初は石川涼が伊藤千晃の結婚相手なんじゃないかと囁かれていました。理由としては①40代であること②実業家であること③浅野忠信に似ているという条件が一致していたからのようです。

二人の子供は?

ä¼è¤åæããã¿ããã£ãã©ãì ëí ì´ë¯¸ì§ ê²ìê²°ê³¼
写真:www.m-on-music.jp

伊藤千晃はインスタでマタニティフォトを紹介するなど妊娠中も活動はしており、2017年7月19日に子供を出産したことをブログやツイッター、インスタのSNSで発表をしています。また、それに先駆けて2017年6月30日には写真集を出すことを発表しており、そちらでは表紙がすっぴんであったり妊娠初期~8ヶ月の時期に撮影をしたようで今までの伊藤千晃とは違った側面を見せる写真集となっているとの事。マタニティフォトに関しましては、世間から賛否両論の声もありましたが、幸せそうな写真を公開していましたね。

現在は離婚の危機?

ä¼è¤åæì ëí ì´ë¯¸ì§ ê²ìê²°ê³¼
写真:news.livedoor.com

お金目的の結婚だとか、すぐに離婚しそうだと悪い噂が早々に流れています。20歳ほどの年の差カップルなので、今後離婚の可能性なんかも大いにあるんじゃないかと気になっちゃう方もいるかと思いますが、情報によると2人の距離感がとても近く伊藤千晃も居心地の良さを感じているそうですよ。夫の恵藤憲二は元お笑い芸人という事で話も面白いとの事ですので伊藤千晃さんを楽しませてくれている事でしょう。

 

 

 

まとめ

今のところ噂はただの噂であり、二人は子供も生まれて幸せな生活を送っていそうですね。これからも二人の幸せを応援していきたいと思います。